(累計) (本日) (昨日)

このBBSでは記事新規投稿及び返信時のパスワード制限をかけています。下記タイトルの下の[認証]をクリックしてパスワードを
「coffee」と入力することにより書き込みが可能になります。なお、この機能及びパスワードは随時変更する場合がありますのでご了解ください。

24時間の画廊】 【実用・カラー現像研究室】 【健康談話室】 【珈琲無礼講】 【より道・みちくさ・遠回り

[No.15181] ネガ・ポジ現像について


[連続表示] [画像一覧] [記事一覧]

< 前の記事 | 次の記事 >
[15193/15192/15191/15190/15189]  
[14:12] ネガ・ポジ現像について 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2018/01/06(Sat) 20:53 No.15181  

ヒストグラム
実画像サイズ1200 x 850 ( 374 kB )
Exif 情報

全 Exif 情報表示...

リバーサルフィルムを願現像することをクロス現像などと言っているようですが、
その逆、ネガカラーフィルムをリバーサルとしてポジ現像する事についての呼び名がないので便宜的に「ネガ・ポジ現像」と言っています。

この方法で現像してポジ画像を得ると、俄然ピントが良くなったように見えます。
比較してみると確かに画像の解像感はよくなります。

下は普通にネガ現像、上がポジ現像したものです。



[2] Re: ネガ・ポジ現像について 通太郎爺さん - 2018/01/06(Sat) 21:02 No.15182  

ヒストグラム
実画像サイズ4500 x 2825 ( 1,351 kB )
Exif 情報

全 Exif 情報表示...

何度やってみても解像感が良くなることに変わりはありません。
しかも安物のフジ業務用100の35mmを400で使用できるというオマケ付きです。

Nikon F2 (fuji 100) papitol Re 50cc KSCN 0.125&#8458; 37度5分5秒 C.D. Re30cc pH 102 37度6分 少しマゼンタ被り 中外製漂白



[3] Re: ネガ・ポジ現像について 通太郎爺さん - 2018/01/06(Sat) 21:11 No.15184  

ヒストグラム
実画像サイズ1300 x 816 ( 178 kB )
Exif 情報

全 Exif 情報表示...

小さいのも載せておきますが、解像感があるのでA3ノビぐらいでは全くブローニーと見まがうほどです。



[4] Re: ネガ・ポジ現像について 通太郎爺さん - 2018/01/06(Sat) 21:15 No.15185  

ヒストグラム
実画像サイズ4981 x 3865 ( 2,569 kB )
Exif 情報

全 Exif 情報表示...

これはブローニーのフジ160NSを400で使用したものですが、解像感はネガ現像したものと比較すると格段に上がっています。

Mamiya C220 sekor 80mm/2.8 (fuji 160NS 400で使用) papitol 250t(new) +KSCN 0.125g 37d.4min. C.D. 中外発色剤無し液100t+(old)350cc + CD-3 10g 37d.5min.30sec.



[5] Re: ネガ・ポジ現像について 通太郎爺さん - 2018/01/06(Sat) 21:20 No.15186  

ヒストグラム
実画像サイズ1400 x 1086 ( 275 kB )
Exif 情報

全 Exif 情報表示...

ここまでくると4x5とどっこいどっこいの感じです。
倍率のかなり高いルーペで粒子の様子を見ると、粒子が格段に細かくなった様子はありません。
現像された粒子そのものはネガのフィルムとさほど違ってはいないようです。



[6] Re: ネガ・ポジ現像について 通太郎爺さん - 2018/01/06(Sat) 21:25 No.15187  

ヒストグラム
実画像サイズ1400 x 895 ( 243 kB )
Exif 情報

全 Exif 情報表示...

粒子がさほど細かくなっていないのに、なぜ解像感が上がるのか???
その辺の謎が謎のまま実験を続けましたが、色々やってみても結果は同じでした。

Canon F-1 canon 50mm/1.4 FD (fuji 100-400) papitol(二本目) 20cc原液で入替+KSCN 0.25g 38d.3min.30sec. 発色:(old) 発色剤無30cc入替 CD-3 6g NaOH 3g 36d. 8min. 漂白9分



[7] Re: ネガ・ポジ現像について 通太郎爺さん - 2018/01/06(Sat) 21:44 No.15188  

ヒストグラム
実画像サイズ1400 x 1070 ( 313 kB )
Exif 情報

全 Exif 情報表示...

とある時、亡き父のやっていた陶芸の型押しの文献を見て思いつきました。
ネガ画像は実像ではなく実像のコピー(型押し)なのではないか・・と言うことです。
陶芸の場合、型押しに使う石膏は、粘土で出来た実物より、はるかに粒状の細かい物なので実物の凹凸の細かい部分まで、形を忠実になぞることができます。

ネガ画像では光が当たった実像の周りの部分をなぞらえて出来た虚像にすぎず、しかも石膏のように実物の粘土の表面よりはるかに精細な粒子の粉ではなく、
実像の周りにある同じ大きさの銀粒子でコピーすることになります。

出来たネガ像は、コピーでしかなく、しかも実像と同じ粒子で出来たコピーの為エッジがボケてしまうという宿命的な欠陥を持っていると言えます。



[8] Re: ネガ・ポジ現像について 通太郎爺さん - 2018/01/06(Sat) 22:01 No.15189  

ヒストグラム
実画像サイズ1400 x 866 ( 211 kB )
Exif 情報

全 Exif 情報表示...

ネガポジの画像は、撮った時の光に感光した元の画像そのものずばりを見ているので解像感が良いのでしょう。
つまりコピーではなく写った画像そのものを見ていることになるのだと思います。

感度が上がるのも実像にとっては1/4程度の光で十分な光量と言うことでしょう。
実像の周りを取り囲んでいる銀塩で虚像(コピー)を作る為に必要な光量は約4倍と言うことなんでしょうね。
陶芸のコピーも石膏の方がずっと厚く重量もあるのに似ていますね。

これは今までのネガ現像による画像の作り方そのものを根本的にひっくり返すやり方だと思いますがいかがでしょうか。

Nikon F2 (fuji 100→200) papitol 保存液200cc→500t KSCN 3cc(0.375g) 39度5分 まだ少し強い C.D. ネガ用にRe30cc入替 37度6分



[9] Re: ネガ・ポジ現像について 3ピン屋 - 2018/01/07(Sun) 19:54 No.15190   HomePage

ヒストグラム
2048 x 1386 (496 kB)


あけましておめでとうございます。というか、ネガポジの話が出されたので、召喚されたような
気がしております。

35mmのISO100では安定した結果が出続けており、フジだと第一現像をKSCN0.3g/500ml入パピトー
ル37℃で3分30秒、コダックだと42℃で4分30秒でやっております。フジのほうが彩度は高め、
コダックは重厚な感じに上がります。

添付はこの冬の三笠市の市営住宅で、例年どおりお積雪状態ですが、通常のネガ現像ではあり得ない
精密な描写ができています。ダイナミックレンジはもとのネガと同等で、夜景には使いやすいです。
大きいサイズのものはFlickrをご参照ください。

粒状性については、当方はPlustekで64000DPI程度でスキャンしているのですが、ネガ現像よりかな
り小さめ、とくに、暗部では低コントラストのものをコントラスト上げてスキャンしたもの以外は、
まず粒子は見えません。

ISO400については第一現像を分割することで1600で使用できるところまで実用できていますが、季節
がら、その後の追試、改良はできていません。120でやりかけているさらに高温、42℃以上を使うと
分割しないでできるのでは、と考えています。

120のISO100についてはKSCN濃度、感度設定をどうするか、暗中模索、現在42℃43℃でこれまでの彩度
不足を打破できるのではないか、とほそぼそながら実験しております。



[10] Re: ネガ・ポジ現像について 通太郎爺さん - 2018/01/07(Sun) 22:26 No.15191  

3ピン屋さん、今年もよろしく。
いろいろ参考になるデータをありがとうございます。
フィルムによって上手く行かないものもあるようで、その理由がよく分かりません。

イルフォードのXP2などもうまくいきません。反転してもピントが良くならず、そのままネガ現像した方が良いようです。
コダックが以前出していたT400CNは上手く行きましたが廃番なので出す意味がありません。
120では第一現像はすこし強めでいけますが、35mmは少なめの方が結果が良いですね。
銀塩が少ないせいかと思います。

この画像も見事なものですね。暗い場面ですが綺麗に出ています。
また色々見せてください。期待しております。



[11] 120では 3ピン屋 - 2018/01/07(Sun) 23:18 No.15192   HomePage

ヒストグラム
実画像サイズ2000 x 1614 ( 629 kB )
Exif 情報
モデル名OpticFilm 120
ISO 感度 / 露出補正値− / −

全 Exif 情報表示...

温度上げてやると、かなり彩度はまともになりそうな所まで来ています。ドンブリ勘定の露出
で撮ったもの、これは本日のJR北海道、岩見沢駅。ISO160、フジのもの、カメラはフジカの
GF670です。第一現像をKSCN0.3g/500ml入パピトール43℃で8分、でした。

夜景の方は良いのですが、同じロールで昼間撮ったコマは、ISO400でメーターどおりに撮って、
露出アンダーとなりました。



[12] Re: ネガ・ポジ現像について 通太郎爺さん - 2018/01/08(Mon) 06:48 No.15193  

ヒストグラム
実画像サイズ823 x 860 ( 208 kB )
Exif 情報

全 Exif 情報表示...

おはようございます。
温度ですか。彩度が上がらず上手く行かなかったのですが、解決しそうですね。
これは上に貼った二枚と同じフィルムのものですが光量不足のせいかダメです。
光の量が十分だと上手く行くのかと思っていましたが温度の要素もありそうですね。

発色液は中外のミニラボ用A,B液を指定通りに混合したものにCD3を入れました。
少しは派手な色になるかと思ったのですが、第一現像の温度が低いわけですね。
160NSは200〜300程度で撮るのが良いかもしれません。

これが完成するとかなり画期的な現像方法になるように思います。
ひと手間増えますが安定すると安価なリバーサルになりそうです。

Mamiya C220 sekor 80mm/2.8 (fuji 160NS 400で使用) papitol 250t(new) +KSCN 弱1cc(0.125) 37d.4min.
C.D. 中外発色剤無し液100t+(old)350cc CD-3 10g 37d.5min.30sec.

[ページトップ] [掲示板トップ] [前の記事] [次の記事]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)