(累計) (本日) (昨日)


下記タイトルの下の[認証]をクリックしてパスワードを「coffee」と入力することにより書き込みが可能になります。
※管理人多忙につき当掲示板はあまり更新されません。

24時間の画廊】 【爺さんのお気楽BBS】 【実用・カラー現像研究室】 【健康談話室】 【より道・みちくさ・遠回り

[No.4515] お化けと学問


[連続表示] [画像一覧] [記事一覧]

< 前の記事 | 次の記事 >
 
[5:1] お化けと学問 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2016/10/02(Sun) 11:11 No.4515  
豊洲市場が揉めていますが、根底にあるのは「なんだか不安」という都民の心理でしょう。
高濃度の有毒物質が検出された場所に、都民の食品を取り扱う市場を造ること自体、心理的な無理があります。
学問的に「お化けの存在が立証できない」と言われたとしても、心霊スポットだの幽霊の写真だのがまことしやかに公然とTVなどで流される時代です。

今や、科学を含む学問事態、国民にとっては半信半疑なまやかしものでしかなくなっています。
例えば、安全との学者のお墨付きで稼働していた福島で大事故があったにもかかわらず、原子力委員会が別の原発を許可したりするので、学問っていい加減なもんだと言うことが国民の間に一般的になってしまったのが良い例でしょう。
福島なども「直観的な怖さ」の方が当たっていたとも言える事態ではないでしょうか。

国民が学問を全面的には信じない時代なのです。
しかも普通の人の「なんだか変」とか、「なんとなく怖い」という直感の方が当たることが多いのでなおさらでしょう。

学者が嘘をついているとは思えませんが「学問が自然や直感より確かだ」という思い違いをしている人たちが公的な立場の委員会などで発言するからいけないのだと思います。
自分の身に起きたガンすら治せないのが学者の力です。

精一杯の安全策が「綺麗な土で埋め戻す」ことであったはずなのに都の職員ですら「学者たちの言うことを全く信じていない」結果だと思います。
建築学的には地下に頑丈な構造物を造った方が安全だと思いますが、建築的には正しくとも「食の安心感」とはほぼ無関係な発言でしかありません。
今、何が問題になっているかも判断できずにこういうことを平気で言う学者がいるのですから、なおさら安全委員会とか何とか委員会とやらに学者など呼んでも無駄だということではないでしょうか。

じゃあどうすればよいのか、、、はっきり言ってこれ以上金をかけるのは無駄だから少々の安心感はさておいて豊洲へ行くか、金はかかっても安心が優先か、都民や関係する人たちの総意にゆだねるしかないでしょう。
学者の説得力は今や皆無に近いのですからいくら委員会に諮っても無駄金にしかならないと感じます。

ネット販売や、直販がどんどん発展している今、市場そのものが存在価値を失っている時代なので築地のままで放っておいて自然消滅させるのが一番ではないかとも思うのですが。

「お化け(風評被害)が怖い、幽霊(有害物質)が出そう」という都民心理を学者が消せるかどうか、疑わしい限りではあります。

[ページトップ] [掲示板トップ] [前の記事] [次の記事]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)