(累計) (本日) (昨日)


下記タイトルの下の[認証]をクリックしてパスワードを「coffee」と入力することにより書き込みが可能になります。
※管理人多忙につき当掲示板はあまり更新されません。

24時間の画廊】 【爺さんのお気楽BBS】 【実用・カラー現像研究室】 【健康談話室】 【より道・みちくさ・遠回り

[No.4477] スタップ細胞再燃


[連続表示] [画像一覧] [記事一覧]

< 前の記事 | 次の記事 >
[4483/4482/4481/4480/4479]  
[18:7] スタップ細胞再燃 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2016/05/25(Wed) 22:59 No.4477  
小保方さんが再び話題になっています。市中では批判的な人が多いようですが、その批判の元となっている背景は、スタップ細胞が存在しないことを信じているからではないでしょうか。

百歩譲ってスタップ細胞の存在がどこかで証明された場合はどうでしょうか。
今まで批判した人達は土下座ものになってしまう可能性があります。

今までの定説とは違った発見や発明は多々あります。私のような素人が軽々しく存在を否定する気にはなりません。
科学の分野に限ってですが、あるのかないのかわからないことに対して、出来るかできないかも分からないことに対して、頭から否定してかかることの怖さは理科系の人ほど知っているのではないでしょうか。

質量が無いとされていた物質に質量があると証明されたのはつい最近のことです。
科学の分野では有無が「証明」されるまではどちらとも言えないのに、報道の行き過ぎが一つの発見や発明をつぶしてしまう恐ろしさを見るような気がします。



[2] Re: スタップ細胞再燃 アライグマ - 2016/05/26(Thu) 09:09 No.4478  

アメリカのハーバード大学関係のところで
http://biz-journal.jp/2016/05/post_15184.html
スタップ細胞を別の刺激方法で作り特許申請を出しているそうです。
日本は2重の意味で恥さらしなことをしましたね。



[3] Re: スタップ細胞再燃 通太郎爺さん - 2016/05/26(Thu) 09:36 No.4479  

やはり実在したのですね。

「日本のSTAP細胞否定説をよそに、粛々と研究を進めていた・・」とありますが、日本の報道機関がアメリカの裏の手にまんまと引っかかって、
日本人の特許申請を諦めさせるように仕向けたのではないかと邪推したくなるような事件ですね。

しかし、これが実用化されて広がれば、第一発見者の小保方さんはノーベル賞候補となるでしょう。

否定にばかり走った日本の学者や報道陣はどうやって謝るのでしょうか。
特許料だけではなく、その他の費用も含めればは数千万円にもなることは確実ですが、それでも各国の特許を取りにかかるということは、真剣そのものでしょう。

ハーバードに関わる研究機関と言えば世界的な権威があります。
日本の学者や新聞は世界的な大恥をかいたことになるのですが、日本人にとって邪魔になるだけの新聞なんて、もうそろそろ全部廃刊にしてはどうなんでしょうかね。



[4] Re: スタップ細胞再燃 アライグマ - 2016/05/26(Thu) 12:02 No.4480  

σ(^_^)はこの記事を見たときにテレビで直ぐに話題になるかと思っていたら気配すらないですね。
あれだけ瀬戸内さんとの対談が話題として取り上げているのに。
意図的なものを感じざるを得ないです。



[5] Re: スタップ細胞再燃 通太郎爺さん - 2016/05/26(Thu) 17:41 No.4481  

今更後に引けなくなった報道の連中が多いのでしょう。
しかし今はネットの時代、ジワリとボデーブローのように効いてくるでしょう。
都知事同様、サッサと謝った方が良いとは思うのですが、小保方さんを誹謗中傷したかのような本まで出版し、賞までもらった女性記者の弁明が聞いてみたいですね。

生前、色々な面で直感の鋭さを見せつけていた家内は女性の直感と言うやつで、根源はW教授が小保方さんにフラれた腹いせだと言っていましたが、なんだか当たっているような。



[6] Re: スタップ細胞再燃 爺さんJr - 2016/05/27(Fri) 00:24 No.4482  

以前にも書きましたが、元々、こうなる筋書き(アメリカが発表し特許をとる)です。そういう世界です。残念ながら。(笑)

その道の権威とやらが老害の名誉欲でしゃしゃり出て来たり、利害関係・政治的関係とやらを解決する根回しの時間が研究時間を上回るほどに必要だったり・・・

あまりにも馬鹿馬鹿しいので、「研究」という分野には関わらないようにしています。



[7] Re: スタップ細胞再燃 通太郎爺さん - 2016/05/27(Fri) 09:29 No.4483  

どこをどうすれば、こういう事態を少しでも正すことが出来るのか、ネットの時代になって、アメリカに出来てなぜ日本では出来なかったのかがはっきりしてきたようです。

つまり日本では本当の意味での報道が成り立っていないのです。
新聞がテレビを批判しその逆もあり得るという報道の自律性が無い、・・この原因の大きなもの、それが「記者クラブ」と「新聞社がテレビを持っている」ことです。
一方的な報道が、どこからの批判を受けることなく野放し状態なのでどこかが小保方さんを批判し始めると一斉に右向け右となります。

スタップ細胞の何たるかを調べ上げ、裏を取って正確な報道をする新聞やテレビが無いのです。
日本の理研もスタップ細胞に関する特許を出しています。何の根拠も無いものに特許など出すでしょうか。
そこを調べ上げなければならないのに、手つかずのままです。

老害の名誉欲に絡んだ連中を叩き潰すのも報道です。その為に給料貰ってるんでしょうが・・と言いたいですね。

どこかの報道が徹底的にスタップ細胞の何たるかを追及していれば、個人攻撃に終始して大切なものを見逃すドジはやらなかったのではと残念に思います。

若い人達の一層の奮起を期待するところです。

[ページトップ] [掲示板トップ] [前の記事] [次の記事]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)