(累計) (本日) (昨日)


24時間の画廊】 【爺さんのお気楽BBS】 【実用・カラー現像研究室】 【健康談話室】 【より道・みちくさ・遠回り

[No.4341] ハナツクバネウツギ


[連続表示] [画像一覧] [記事一覧]

< 前の記事 | 次の記事 >
[4527/4342/4341]  
[1:3] ハナツクバネウツギ 投稿者:通太郎爺さん 投稿日:2015/07/27(Mon) 21:37 No.4341  

ヒストグラム
1200 x 797 (266 kB)


何度聞いても忘れてしまいそうな長ったらしい名前ですが、交雑した園芸種だそうです。
私が命名を許されるなら「花火ツクバネウツギ」としたいところです。

買い物に行く途中のお宅の門に植え込まれています。
入り口の飾りとして見事にデザイン化されていて、センスが良いと思いました。



[2] Re: ハナツクバネウツギ 通太郎爺さん - 2015/07/27(Mon) 21:39 No.4342  

ヒストグラム
1200 x 808 (466 kB)


全体で見ると花と葉のバランスが良いですね。

我が家の植えっぱなしのみっともない庭とは大違い、婆さんに叱られる夢を見なければよいのですが。



[3] Re: ハナツクバネウツギ 通太郎爺さん - 2018/06/09(Sat) 06:44 No.4527  

「ハナツクバネウツギ」という名前が覚えにくい(私だけかも)と思っていたのですが、ある人から聞いた話では、
おそらく最初は「羽根つきばね空木」つまり、昔のお正月の風物詩であった「羽根つきの羽の形をしたウツギ」がなまって「ハナツクバネウツギ」になったのではないか・・・とのことです。
これなら意味が通じるので分かりますが、羽根つきなどしなくなったのでいつの間にかハナツクバネ・・・になったのでしょうか。

山茶花(サザンカ)も古くは「サンザカ」とその通りに呼んでいたと言うから、ハナツクバネ・・の論も一理ありそうです。
昭和初期の辞典には「喫茶店」も読みはキッチャテンとなっています。
舌鼓(したつずみ)がしたづつみになったり、古語では「新しい(あらたしい)」が今はアタラシイが普通でしょう。
新たなり・・・の時はアラタナリなんですが、、、

言葉は変わるのですね。

[ページトップ] [掲示板トップ] [前の記事] [次の記事]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)