(累計) (本日) (昨日)

癌については【「癌闘病記(癌よさらば)」】 に婆さんの体験記を書いてありますが、再々の質問もあり、苦労して遠方より尋ねて見える方も後を絶ちません。
個人的な問題なのでそのつどお答えしておりましたが、かなり多くの方が癌で悩んでおられる現状を見て考えを改めました。
このコーナーで積極的に「良くある質問」形式で解る限りお答えしてみます。ご質問があれば「認証」をクリックしてパスワードの「coffee」を入れて返信に書き込んで下さい。

24時間の画廊】 【カラー自家現像サロン】 【実用・カラー現像研究室】 【珈琲無礼講】 【より道・みちくさ・遠回り

[No.224] 湯冷め防止


[連続表示] [画像一覧] [記事一覧]

< 前の記事 | 次の記事 >
 
[100:1] 湯冷め防止 投稿者:爺さん 投稿日:2011/12/30(Fri) 23:35 No.224  
冬の入浴で湯冷めをする方も多いと思います。
寝るまでの時間に少し寒くなってしまうと体から熱が奪われて風邪を引きやすくなります。

これを防ぐには風呂で良く温まるのは当然ですが、出る直前に手足に水のシャワーをかけるのが効果的です。
心臓に遠い部位から順に掛けてゆきます。

先ず右足の足首まで、次に左足の足首まで、三番目は右手の手首まで、最後が左手の手首まで、というように冷やしてゆきます。

こうすることによって体中の汗腺が収縮して無駄な放熱を防ぎ、体全体が冷えるのを防ぎます。
全身に水をかぶるという方も居ますが、訓練した人でないと心臓発作を起こす危険性があるので、一般的には手足にとどめるのが安全だと思います。

皮膚の収縮機能を高め、皮膚呼吸を旺盛にする効果もありますので、小児喘息などの予防や治療にも効果があると言われています。
せっかく風呂で温まったのにと思われがちですが、逆にこの方が長く暖かいままでいられる感じです。

[ページトップ] [掲示板トップ] [前の記事] [次の記事]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)