(累計) (本日) (昨日)

癌については【「癌闘病記(癌よさらば)」】 に婆さんの体験記を書いてありますが、再々の質問もあり、苦労して遠方より尋ねて見える方も後を絶ちません。
個人的な問題なのでそのつどお答えしておりましたが、かなり多くの方が癌で悩んでおられる現状を見て考えを改めました。
このコーナーで積極的に「良くある質問」形式で解る限りお答えしてみます。ご質問があれば「認証」をクリックしてパスワードの「coffee」を入れて返信に書き込んで下さい。

24時間の画廊】 【爺さんのお気楽BBS】 【実用・カラー現像研究室】 【珈琲無礼講】 【より道・みちくさ・遠回り

[No.203] ガンより怖い恐怖心


[連続表示] [画像一覧] [記事一覧]

< 前の記事 | 次の記事 >
 
[99:1] ガンより怖い恐怖心 投稿者:爺さん 投稿日:2011/07/04(Mon) 11:46 No.203  
ガンが恐れられる理由は「死ぬ可能性が高い」と考えるからでしょう。
「死」を自分なりに納得して心の中で解決している人にとっては「死とは、どうということもない、自分がこの世から消えるという、一過性の成り行きにすぎない」事と思えるのですが、人間なかなかそうは考えられないのが普通だと思います。

自分が生まれる前に、この世のことを思い悩んだ人はいないのと同様死ぬ時も自分は気付かず、死を感じることなどないと思います。

平生は「生きていること」を前提として生活しているのですから「死ぬこと」などは頭にありません。
つまり「自分は死なない」と心の奥底で思っているのが普通でしょう。

ガンになると突然目の前に「死」が見え隠れします。
この恐怖心がガンをいっそう悪化させ、うろたえた気持ちに輪をかけて医者の一言一言が恐怖心をあおります。
医者はこういう時に抗がん剤の話を持ち出しますので、わらにもすがる思いの患者としては断れなくなってしまいます。

本当は「ガンは怖がるようなものではない」のですが、医者たちによって「怖いもの」と聞かされるために素人が異常反応して、恐怖心をあおられてしまうのでしょう。

「ガンと死」とはほとんど直結しませんが、「抗がん剤と死」とはほぼ直結しますので、ガンになったからと言って、それだけでむやみに怖がらないことが大切ではないでしょうか。
ガンがなぜ怖くない病なのか次回に述べてみたいと思います。

[ページトップ] [掲示板トップ] [前の記事] [次の記事]

- Joyful Note -
(joyfulexif v2.3j by cachu)